歯科 歯医者 インプラント 審美歯科 矯正歯科 ホワイトニング 訪問歯科

入れ歯(義歯)

どうして入れ歯が必要なのか

入れ歯を入れるというのはなんとなく年寄りじみているような気がしていやなものです。しかし考え方を変えてみますとありがたいものなのかもしれません。例えば前歯がなくなってしまえば歯がないのですからそれこそ年寄りに見えます。ところが入れ歯を入れますと若さを回復する事が出来るのです。
入れ歯が一番敬遠されるのは邪魔な感じがあるからと思われます。でも案外慣れると予想したほどではなく比較的快適に使用できるものなのです。そして慣れますと逆に入れ歯なしでは調子が悪いということになったりするほどです。
入れ歯がある事によって「食べる」「残っている歯を守る」「話が上手にできる」「若さを保てる」ことができるようになり、体全体の健康にもつながるのです。

入れ歯の種類


奥歯の部分入れ歯


前歯と奥歯の部分入れ歯


自分の歯が1本だけ
残っている部分入れ歯

金属バネのない入れ歯 ビューティーデンチャー

従来の入れ歯

従来の入れ歯 従来の入れ歯

従来の入れ歯は金属羽を使用しており、義歯を装着したときに違和感があり、歯の隙間やバネの周りに食べ物が詰まりやすい。

ビューティデンチャー

従来の入れ歯 従来の入れ歯

入れ歯が目立ちません
金属バネの代わりに、歯肉色の素材を使用しているので、入れ歯が目立ちません。

薄くて、軽い仕上がり
従来の入れ歯に比べて薄く軽いので、口の中が広くなり、会話がしやすくなります。

食べ物が詰まりにくい
歯茎から包み込む形状なので、食べ物が詰まりにくく、入れ歯がぴったり安定します。

その他 自費診療の入れ歯

保険は基本的にあらゆる症状に対応するような仕組みになっております。しかし、最良の治療(材料)を望まれる場合は自費診療の選択ということになります。見た目が良いとか、とり快適なものとか、より長持ちするものなどを望まれる場合、保険の域を超えてしまうことがあります。ただし、人や症状によっては、自費診療のものでも満足いただけないようなものもあるので注意が必要で、よく相談してから治療を開始いたしましょう。
自費診療の例として、金属床や磁石を利用した磁性アタッチメントなどがあります。また材料としてゴールドやチタンを取り入れた生体親和性の高い入れ歯もあります。ぜひお問い合わせください。


上顎の金属床入れ歯


テレスコープアタッチメント入れ歯


磁石で入れ歯の脱落を防ぎます
(磁性アタッチメント)