歯科 歯医者 インプラント 審美歯科 矯正歯科 ホワイトニング 訪問歯科

再生療法(CGF・AFG)

再生療法とは

インプラント患者様の中でも骨量不足で、インプラントが定着しない為、埋入する事をできないケースがあります。欠損してしまった骨や歯肉を再生する為の治療法を骨造成技術である再生療法(CGF・AFG)と言います。
CGFとは・・・サイトカインを多く含んだ自己血液フィブリングゲルです。
AFGとは・・・抗凝固剤が入っておらず、自然状態に最も近い血漿の事です。

CGFとAFGは患者様から採血した血液に添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製できる完全自己血液由来のフィブリングゲルです。

当院では、インプラントなどの手術前にまず患者様から採血をさせて頂きます。
この患者様ご自身の血液を、専用の遠心分離機にかける事によって、ご自身由来の成長因子を取り出す事ができます。
これにより、成長因子や血小板を多く含んでいるCFG・AFGを取り出して、骨の不足しているインプラント周囲、また抜歯時の場合は抜歯窩に入れる再生療法があります。

  
採取したCGFと遠心分離機

CGF・AFG治療の利点

  • 患者様ご自身の自家血から生成している為、血液凝固剤などの添加物を一切含まないので感染を防止する事ができ安心です。
  • 手術後の痛みの緩和や腫れを軽減させる効果を期待できます。
  • 成長因子により、骨の少ない所に使用すると、その再生が早くなり、また通常よりも多くの骨を造成することが可能になりました。

再生療法(CGF・AFG)に関する詳細を知りたい方や希望される方は当院にてご相談下さい

ページトップ